1818
映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」感想:右京味の無い水谷豊

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」感想:右京味の無い水谷豊

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の作品情報

公開:2017年 / 127分 / ジャンル:邦画

原作 / あらすじ

監督・脚本は俳優の水谷豊。長編映画は2作目となり、水谷豊の完全オリジナル脚本。

なぜ、愛する娘は死んだのですか? ここからを生きていくために、「真相」を知らなくてはいけなかった。あなたはこの映画の罠に嵌る。

ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。

車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。

その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。

二人の青年が逮捕され事件解決かと思われたが、「真相」はまだ深い闇の中にあった…。 (C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

Amazon.co.jp: 轢き逃げ 最高の最悪な日を観る | Prime Video

予告動画

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • エリートの秀一(中山麻聖)は親友の輝(石田法嗣)を助手席に乗せ、社長令嬢との結婚式の打ち合わせへと急いでいた矢先、ある女性を轢いてそのまま逃げてしてしまう。
  • 秀一と輝の自宅には目撃者からの脅迫状らしき手紙が届き事件発覚を恐れる気持ちを隠して結婚初夜を迎えた翌朝、秀一は刑事(岸部一徳)に任意同行されそのまま逮捕される。
  • 犯人逮捕の知らせを受けた被害者の父: 光央(水谷豊)は娘を亡くした失意に暮れる中、事故の真相を知る為に聞き込みを進める中で、ある驚愕の事実を知ることとなる・・

秀一役の中山麻聖三田村邦彦の次男らしい。似ていないなと思ったけれど母親似(元妻:中山麻理)のようで、従兄弟にあたる中山エミリとはそっくりだった。

ちなみに、前半の親友二人の掛け合いは、異常にわざとらしくともすれば素人演技のように見えていたのは終盤への布石だった模様・・?

真相は最初の方でなんとなく勘付いてしまったので・・サスペンスものとして見るよりも、加害者と被害者とそれぞれの家族のヒューマンドラマとして見たほうが良い作品だと思う。

特に、愛娘の命を突然奪われてしまった初老の夫婦(遅くに産んだ子?)の悲しみを押し殺した振る舞いはリアルで、余計に切なくなる。

一般人の光央(水谷豊)が犯人と格闘するシーンを除いては右京さん味を全く感じさせない初老の父親を見せていたのはさすがだったし、

母親(檀ふみ)や新婚妻(小林涼子)はとても情深い女性に描かれていて、 水谷豊の優しい人柄を感じさせる脚本だった。


あくまでも轢き逃げをした親友二人のW主演との事やけど、まぁやっぱり水谷豊完全に主演を食ってる感じだったのは否めない。

以上!映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」感想:右京味の無い水谷豊 でしたー (*Ü*)ノ

映画評論・レビューランキング にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す