映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー

映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー

2008年公開の映画「闇の子供たち」のあらすじ・キャスト・予告動画の紹介と個人的感想です。(監督:阪本順治/出演:江口洋介・宮崎あおい・妻夫木聡ほか)

※この記事は作品のネタバレを含みます

映画「闇の子供たち」について

映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー

日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者・南部(江口洋介)は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。

臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の子供は生きたまま臓器を摘出されるという事実を知る。

南部はカメラマンの青年・与田(妻夫木聡)とボランティア組織の少女・音羽(宮崎あおい)と共に移植手術を止めさせようとするが……。

闇の子供たち

監督・脚本・公開年データ

監督・脚本阪本順治
原作梁石日(ヤン・ソギル)
公開2008年

主要キャスト紹介

南部浩行(タイ在留の日本の新聞記者)江口洋介
音羽恵子(NGO職員)宮崎あおい
与田博明(フリーカメラマン)妻夫木聡
梶川克仁(タイで臓器移植する夫婦)佐藤浩市
梶川みね子(タイで臓器移植する夫婦)鈴木砂羽
清水哲夫(日本の新聞記者)豊原功補

映画「闇の子供たち」予告動画

映画「闇の子供たち」のレビュー・紹介

国際映画祭での上映が中止された問題作

原作は在日朝鮮人 小説家の梁 石日(ヤン・ソギル)の同名小説「闇の子供たち映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー」。

著者の自伝的小説「タクシー狂操曲 (月はどっちに出ている映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー)」や、実父をモデルにした「血と骨映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー」はともに映画化されています。

中でも、暴君極まりない在日朝鮮人の父親をビートたけしが演じた「血と骨映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー」は、戦後の在日朝鮮人への差別や闇がリアルに描かれ話題になりました。

思わず目を背けたくなる重いテーマ

映画 「闇の子供たち映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー」のキャッチコピーは

  • 値札のついた命
  • これは、「闇」に隠された真実の物語

貧困地域の子供たちに対して「人身売買」・「臓器売買」・「児童売買春」が日常的に行われているというショッキングな問題を提起した社会派作品です。

性・暴力・残酷などの表現内容があるため、PG12指定されいます。

「ノンフィクション」表記で物議

タイ国内・関係者から「事実との誤解を生む」という抗議や反発が起こり、「ノンフィクション」という宣伝文句は削除されました。

また、当初予定されていたバンコク国際映画祭での上映も中止された問題作です。

個人的な感想

鑑賞中・鑑賞後もクラクラする作品
4

この作品は、あくまでもノンフィクション作品として発表されていますが、タイに限らずこのような事がフィクションとして実際に起こっているだろうと、個人的には感じています。


ショッキングなシーンの連続

これでもかというように、次々と衝撃的すぎるシーンが突きつけられます。

  • 借金のカタに子供を売ったお金で親が家電を買っている
  • 売買されているのは10歳未満の男児・女児
  • 売春斡旋小屋で、子供が鎖に繋がれ暴力で支配されている
  • 多くのバイヤーが子供時代は被害者だった過去がある
  • 買い手のほとんどが、欧米や日本の富裕層である
  • 日本人客が女児をホテルへ連れ込み性行為をネット配信している

稼げなくなった子供に対しても非道です。

  • 男児が勃起を促すホルモン剤を過剰投与され死亡する
  • プレイ中に死亡した子供がクレジットカードで買い取られた
  • エイズに感染するとポリ袋に入れてゴミ山に捨てられる
  • 瀕死の状態で帰郷しても、家畜同様の扱いを受けた後死亡する

このような裏にはマフィアが関係していて

  • 子供が生きたままで臓器の買い手がつく(日本人)
  • 人身売買の実態を追求するとマフィアに妨害・殺害される

もう悲壮感と絶望感、やるせなさでクラクラしてしまいます。

ムゴすぎる描写が多い

児童の臓器売買を南部とNGO団体が追求する様子と並行し、子どもたちの惨状(特に児童売買春)が、かなりしっかりと描かれています。

性暴力を受けるシーンを演じる子役(タイ人)に精神的ダメージを受けさせないように、

  • 大人役と子役を同時に撮影しない
  • 大人役の裸体を見せない
  • ペドファイル(児童性愛者)役の俳優に触らせない

などの配慮がされた上で撮られていたようで、直接的な性行為シーンは無かったように思います。

・・・が、子供視点・大人視点のカメラワークが逆にリアリティを増していて吐き気がするほど・・・。原作小説「闇の子供たち映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー」では、もっと悲惨な表現があるようです。


このテーマを、タイで撮影し映画化した制作陣の意思の強さを感じました。

あまりにも重すぎるテーマで、R12指定では足りないと感じるほど残酷な描写が多いので見る人を選びますが、「見なければよかった」とは思えませんでした。

できるだけ多くの人が見て、それぞれに考えてほしい作品です。

作品内でも表現されるように「地図上で数センチ」しか離れていない国で、子どもたちがどんな目に合っているのか、その国で日本人はいったい何をしているのか。

「他所の国の知らない人間だけの話ではない」と訴えかける監督の思いが感じられるラストシーンでした。

こんな人に見てほしい
  • 大人の日本人

最後までご覧いただきありがとうございました。

\\  シェアする //

映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー
映画「闇の子供たち」*あらすじ紹介&感想レビュー

FOLLOW ME

*更新情報を配信しています*

💬この記事を書きました

background

アラフォー主婦れぽこです☝ 「モノ・コト・暮らし」の気になる話題や情報を主婦目線でレポートしています! 夫とサビ猫と大阪ぐらし。もっと見る

ポチッとしていただけたら励みになりますヽ(*´∀`*)ノ

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ