3671
映画「さかなのこ」感想:淀み無い心で観れば良い話

映画「さかなのこ」感想:淀み無い心で観れば良い話

映画「さかなのこ」の作品情報

放映:2022年 / 139分 / ジャンル: 邦画

原作 / あらすじ

脚本・監督は『横道世之介』・『南極料理人』の沖田修一。原作はさかなクンの自叙伝『さかなクンの一魚一会 〜まいにち夢中な人生!〜

そのままで、きっと大丈夫。これは、迷っても転んでも前へ進む、私たちの物語。お魚が大好きな小学生・ミー坊は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、信じて応援し続ける母親に背中を押されながらミー坊はのびのびと大きくなった。

高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、まるで何かの主人公のようにいつの間にかみんなの中心にいたが、卒業後は、お魚の仕事をしたくてもなかなかうまくいかず悩んでいた…。そんな時もお魚への「好き」を貫き続けるミー坊は、たくさんの出会いと優しさに導かれ、ミー坊だけの道へ飛び込んでゆく–。

Amazon.co.jp: さかなのこを観る | Prime Video

予告動画

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 水族館で心を奪われたまま動かない「おさかなさん」が大好きなミー坊を、母親(井川遥)は「ミー坊はおさかなが大好き、そのままでいい。」と育ててくれた。
  • そんな母親に見守られ、ミー坊は中学生になっても高校生になっても「おさかなさんが大好きなミー坊」のままいつもたくさんの友達に囲まれていた。
  • 高校卒業後は思うような「おさかなの仕事」になかなか巡り会えなかったミー坊だが、いろいろな人たちの優しさに導かれて行くうちに…

男性のさかなクンを女性ののんが演じたということで話題になっていた作品。

私はさかなクン黒柳徹子に並ぶ心に淀みがない(著名)と思っている。そういう人は見ているこちらも心が淀まないので心地よくて大好きだ。

多分、この作品を見る人は私と同じ様にさかなクンを好きな人が多いだろうし、さかなクンに持つイメージそのままの、明るく楽しく朗らかな気分で見られる映画を求めていると思う。

そして視聴。冒頭に男でも女でも関係ないというような多様性推しかと思うクレジットが出た。

そこからの本編で子供時代のミー坊を演じた子役も女の子(西村瑞季)だったことで「男女の設定も入れ替えているのか?」という疑問符がついてしまった。

この疑問はしばらく見ていると違うということが分かってくるのだけれど(ミー坊は男性設定)、子役からのんに代わっても最初の疑問符がずっと着いて離れず…学ランを着たのんを見ながらどこか脳内が混乱したまま最後まで見てしまった。

おまけにミー坊と幼なじみ(夏帆)との同棲エピソード等も描かれていたせいか、さかなクン自身がノンバイナリーかのようなイメージまでついてしまった。

沖田修一監督作品は『キツツキと雨』や『モリのいる場所』を観たことがあった。どちらも登場人物が良い人ばかりで、ふんわりした気分で見終えるけれど、あれって必要やったん?と思うようなエピソードも挟まれている。

その点では本作も同じく、おさかな大好きで淀みのないミー坊を描く一方、淀んだ大人のエピソードがちょこちょこ挟まれていて、そちらの方が気になってしまう私…。

これはきっと私の心が淀んでいるからだと思うんだけど、駆け足でえらく都合の良いとっちらかった話という感想だった。

とは言え、父上が蛸を活け締めにしたシーンはしょっぱなから笑えたし、心に淀みのない人や子どもが観ればさかなクン誕生秘話としてオモシロ楽しく観られると思う。


まだ実在する人の作品化は難しいんやなと思ったけれど、さかなクンという稀有な人物役として当てはまる俳優はあまり浮かんでこないので、のんをキャスティングしたのは色んな意味で正解だったと思う。

以上!映画「さかなのこ」感想:淀み無い心で観れば良い話 でしたー (*Ü*)ノ

映画評論・レビューランキング にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す