1849
ドラマ 「ルーズヴェルト・ゲーム」感想:歓喜の逆転劇

ドラマ 「ルーズヴェルト・ゲーム」感想:歓喜の逆転劇

ドラマ 「ルーズヴェルト・ゲーム」の作品情報

公開:2014年 / 全9話 / ジャンル:国内ドラマ

原作 / あらすじ

原作は、2009年 地方紙に連載された池井戸潤の同名小説 『ルーズヴェルト・ゲーム

中堅メーカー・青島製作所の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。

会社の経営が傾き、リストラの敢行、監督の交代、廃部の危機・・・・・・。

野球部の存続をめぐって、社長の細川や幹部たちが苦悩するなか、青島製作所の開発力と技術力に目をつけたライバル企業・ミツワ電器が「合併」を提案してくる。

青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか?

Amazon.co.jp: ルーズヴェルト・ゲーム【TBSオンデマンド】を観る | Prime Video

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • ヘッドハンティングされた営業部長から異例の就任をした細川(唐沢寿明)が社長を務めている青島製作所はライバル企業に押され経営不振に陥っている
  • 苦境の青島製作所を象徴するかのように、かつては強豪チームだった社会人野球部もすっかり落ちぶれている
  • ライバル企業の野球部に引き抜かれた監督の後任に、データ戦法を得意とする大道(手塚とおる)が着任し野球部に再帰の光が刺すが、今度は青島製作所が窮地に追い込まれ・・・という話
再起をかける会社と野球部の同時進行

スポーツ系池井戸作品の『ノーサイドゲーム』と勧善懲悪『半沢直樹』がミックスされたような作品

窮地に陥っている会社と野球部を、いわゆるよそ者(の経営者と監督)がそれぞれ立て直しを図ろうとする話が、二部構成のように毎話進んでいくドラマ

どちらかだけでもそれぞれ1本の作品になりそうな濃い内容なので、話についていくのが忙しいほどだけど

ちゃんといい塩梅に野球部の存続と会社経営がリンクしているよく出来たストーリー

逆転に続く逆転でつかむ勝利

タイトルのルーズヴェルト・ゲームとは、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズヴェルトが「8-7」で逆転する野球の試合が一番面白いと残した言葉に由来するらしい

そのタイトル通り、野球部と青島製作所は何度も、窮地→逆転→窮地→逆転を繰り返し・・・

最後は大逆転の大歓喜ーヽ(∀`●)ノ

月曜日から仕事頑張ろっと思える日曜劇場にふさわしい池井戸イズム作品だった

以上!ドラマ 「ルーズヴェルト・ゲーム」感想:歓喜の逆転劇 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す