1910
映画「とんび」感想:阿部寛版:安男に涙涙の139分。

映画「とんび」感想:阿部寛版:安男に涙涙の139分。

映画「とんび」の作品情報

公開:2022年 / 139分 / ジャンル:邦画

原作 / あらすじ

重松清の同名小説(2008年)。高度経済成長時代を舞台に妻を亡くした不器用な男が、男手一つで息子を育てていく半生と親子の絆を描いた作品。

日本一不器用な男・ヤスは、愛する妻・美佐子の妊娠にも上手く喜びを表せない。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、“家族”は何よりの憧れだった。

時は昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。

アキラと名付けた息子のためにも、運送業者で懸命に働くヤスだったが、ようやく手にした幸せは、妻の事故死によって脆くも打ち砕かれる。

悲しみに沈むヤスだったが、人情に厚い町の人々に叱咤激励され、彼らの温かな手を借りてアキラを育ててゆく。時は流れ、高校3年生になったアキラは、東京の大学を目指し合格を勝ち取る。

だが、別居の寂しさを素直に伝えられないヤスは、「一人前になるまで帰って来るな!」とアキラを突き放す。そして昭和63年、久々に再会したヤスと大人になったアキラだったが──。(C)2022『とんび』製作委員会

Amazon.co.jp: とんびを観る | Prime Video

予告動画

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 昭和の高度経済成長時代、瀬戸内海に面した広島県の人情あふれる田舎町が舞台。
  • 共に両親と早くに別れた安男(阿部寛)と美佐子(麻生久美子)は旭(北村匠海)を授かり幸せに暮らしていたが、ある事故で美沙子は4歳の旭を残して命を落とす。
  • その後、仲間たちに支えられながら不器用ながら真っ直ぐな安男が男手一つで旭を育てていく半生を描く。

2013年の『ドラマ版 とんび』(内野聖陽佐藤健)から10年越しの再視聴。

一部設定変更はあるものの大枠のストーリーはほぼ同じで、内容は分かっているのに、感動の涙涙の139分

ドラマ版よりも父親: 安男視点の描写が多くて、大男の阿部寛が演じる男臭い安男は役柄のイメージそのもの。

これでちゃぶ台がえしをしたら『嫌われ松子の一生』(2006)を彷彿とさせるヤサグレ感だったわ。

濃いめの顔つきが阿部寛と雰囲気の似た北村匠海(身長以外は)良いキャスティングだったと思う。

全10回でじっくり描いたドラマ版に比べると、当然ながら急ぎ足な展開やけど、旭の反抗期・受験・上京・子持ち女性との結婚など・・重要なターニングポイントは全て織り込まれているので物足りなさは感じず、このぐらいのボリュームでも原作の良さは十分伝わるんじゃないかなと思えた。

今の若い人ならまず、この映画版を見てからドラマ版・原作を見ても楽しめると思う。

私は、2012年放送の『NHK ドラマスペシャル版とんび』 (堤真一池松壮亮)も見てみたい。

とんび レンタル版 DVD 全巻 セット ドラマ 重松清 堤真一 小泉今日子 池松壮亮 古田新太 西田尚美 塚地武雅 徳井優 光石研 小市慢太郎
ノーブランド品

島の住人達(安田顕麿赤兒薬師丸ひろ子など)が、愛情深く親子を見守り支え続けた様子も素晴らしくて田舎街もいいなぁ・・なんて思える作品。

以上!映画「とんび」感想:阿部寛版:安男に涙涙の139分。 でしたー (*Ü*)ノ

映画評論・レビューランキング にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す