1789
ドラマ「小さな巨人」感想:期待通りの顔面相撲祭りが楽しい

ドラマ「小さな巨人」感想:期待通りの顔面相撲祭りが楽しい

警察を舞台に、ドラマ「半沢直樹」の制作陣が再集結して作られた完全オリジナル脚本のTBS日曜劇場ドラマ。

ドラマ「小さな巨人」の作品情報

公開:2017年 / 全10話 / ジャンル:国内ドラマ

あらすじ

プロデューサー/脚本/演出/スタッフにドラマ版 半沢直樹の制作陣が再集結して作られた完全オリジナル脚本のTBS日曜劇場ドラマ。

長谷川博己主演!警察という巨大組織の中で奮闘する男たちを描く、警察エンターテインメントドラマ。所轄に左遷させられたエリート刑事がたどり着く本当の正義とは・・・?(C)TBS

Amazon.co.jp: 小さな巨人【TBSオンデマンド】を観る | Prime Video

主題歌

平井堅 / 「ノンフィクション」

ドラマ「小さな巨人」の感想

評価 :

前半・後半それぞれで警察上層部の癒着に関連する闇事件が起こり、捜査一課から所轄に左遷されたエリート刑事が正義を貫くストーリー。

香川照之を対立するクセモノ上司に持ってくるあたりから期待せずにはいられませんが、その期待通りの

長谷川博己香川照之の血圧高めな顔面相撲祭り!

特に香川照之は、絶対狙ってるやろという感じの笑いを大事なところでもちょいちょい挟んできます。アドリブも多そうやけど ^^;

個人的にはトップシークレットのはずの黒金庫の暗証ナンバーがめっちゃ短い4桁くらいでピピピピッパカッと空いたのがツボでした。

ドラマ版 半沢直樹の方はさわり程度にしか視聴していなかったのですが、かなり意識して寄せたテイストに仕上がっているのでは無いかと思います。

ラスボスの敵役に和田アキ子を配役するあたりもなかなか面白かった。


「敵は味方のふりをする」のキャッチコピー通り、裏切りの連続&隠蔽体質に警察どうなってんねん?と突っ込みつつも

いつ誰が裏切るか分からない展開なので、毎話続きが見たくなる筋書きが上手いです。

最終話の長谷川博己との対決での、香川照之の男泣きはさすがの名シーンでした。

以上!ドラマ「小さな巨人」感想:期待通りの顔面相撲祭りが楽しい でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
オリジナル作品多数!
月額976円
2週間無料
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す