1819
映画「22年目の告白」感想:エンタメ作品としてなら面白い。

映画「22年目の告白」感想:エンタメ作品としてなら面白い。

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」の作品情報

公開:2017年 / 116分 / ジャンル:邦画

あらすじ

時効後に名乗り出た、殺人の告白。かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。

その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。

顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。

それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。

そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった……。

(C) 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

Amazon.co.jp: 22年目の告白-私が殺人犯です-を観る | Prime Video

原作

2012年公開の韓国映画殺人の告白を原作に日本の時効撤廃も要素として組み込まれてリメイクされた作品。

予告動画

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」を観た感想レビュー

評価 :

藤原竜也伊藤英明と言えば、どちらも頭脳明晰なサイコパスな役柄も(また、その間逆な役柄も)スパンとはまる演技派のW主演。

公訴時効が過ぎ、事実上法律で裁かれることから逃れた異常殺人犯が犯罪を告白する書籍を出版し、メディアに堂々と露出すると言うありえない設定。

でも凶悪殺人犯でも、顔がいいとかスター性があればSNSでバズって神格化されちゃうっていうのは、ありそうでコワイんだなぁ。

現役刑事(伊藤英明)がテレビ番組に出演するところからありえないし、年齢的に曾根崎(藤原竜也)が真犯人では無さそうだなと言うのは、予想できましたがこういうオチとは。

またラストシーンも含め、視聴前に「この対決、面白くなりそう」と感じたのは完全によみ違いだった。

真犯人がどうやって完全犯罪をなし得たのかは最後までスルーだったので、サスペンスでは無くエンタテイメント作品として見れば面白い作品。


しかし、仲村トオルはこういう口達者で本心語って無さそうな役が似合いますね。

以上!映画「22年目の告白」感想:エンタメ作品としてなら面白い。 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
オリジナル作品多数!
月額976円
2週間無料
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す