映画「万引き家族」を見た感想。冬から冬の物語

映画「万引き家族」を見た感想。冬から冬の物語

満を持してやっと見た映画『万引き家族』2018年(監督: 是枝裕和 出演: リリー・フランキー・樹木希林・安藤サクラ・松岡茉優他)を観たあらすじと個人的な感想。

この記事は物語等の核心に触れた記述、いわゆる「ネタバレ」が含まれます。

\ オンデマンド作品を見るならココ! /
見たい時間に見たい場所でスマホ&PCで見放題

作品概要

親の死亡届を出さず年金を不正受給し逮捕された家族の事件に着想を得て、構想10年をかけて作られたある家族を描く作品。

万引き家族

第71回カンヌ国際映画祭で日本人監督作品として21年ぶりに、最高賞のパルム・ドール、日本アカデミー賞最優秀作品賞他の全6冠を獲得。

監督・脚本是枝裕和
音楽細野晴臣
放映2018年

登場人物 : 主要キャスト

リリー・フランキー
信代安藤サクラ
初枝樹木希林
亜紀松岡茉優
祥太城桧吏
りん(じゅり)佐々木みゆ
榎本明・池松壮亮・山田裕貴


  ネタバレ含むあらすじ

以下は個人的な主観のため、思い違いも多いかもしれません。また、ネタバレも含みます。

東京の高層マンションの狭間にぽつんと残る平屋で、貧しいながらも仲睦まじく暮らす家族のように見える5人。

  • 初枝は表向きは独居老人
  • 残る家族の存在はなぜか世間に隠されている
  • 祥太は学校に通ったことがない
  • 治と祥太の万引き、信代や初枝も盗みなどを常習的に行っている

…と、不正や犯罪に手を染めながら生計を立てていることが冒頭で分かります。

始まりの冬

ある冬の日、治が親から虐待を受けている少女を見かねて連れて帰ってきます。一度は親元に返そうとしましたが、信代が思い留まり連れ帰ってしまいます。

「りん」と名付けたその少女を妹のように面倒を見る祥太、娘のように世話をする信代。りんと5人はまるで本当の家族のように一時の思い出を重ねていきます。

思い出の夏は終わり・・・

海水浴を楽しんだ夏の日の後、初枝は自宅で息を引き取ってしまいます。

死亡届を出すことが出来ない治と信代は、遺体を敷地内に埋めることに。その後も初枝の年金を不正に引き出し、生活を続けようとしますが・・・罪に罪を重ね続ける暮らしがいつまでも続くわけはないのです。

祥太は万引をすることが決して正しいことでは無いことに少しずつ気づいていきます。

そんなある日、自分から万引しようとしたりんを庇って逃走中に怪我をして入院に。その事件がきっかけで、この家族に警察が介入します。

全てがばれるのを恐れ、祥太を置いて家から逃げようとした4人は寸出で警察に取り押さえられます。

警察の取り調べでは、

  • 治は初枝の実際の息子ではなかった
  • 亜紀は初枝の元夫の後妻夫婦の娘だった
  • 治・信代・祥太らの名前は偽名だった
  • 治は信代の元夫を殺めた罪で執行猶予中だった
  • 祥太は治が拾って帰ってきた子供だった

ことなどが明らかになり、すべての罪をかぶった信代は実刑判決受けこの疑似家族は解体されることとなります。

別れの冬

施設から小学校へ通い教育を受けるようになった祥太は、治と二人で面会に行った際に、信代から本当の親のことを告げられます。

その夜あの時に自分を置いて逃げようとしたのか?と問う祥太に、治は認め「おじさんに戻る」と答えるのです。

一方、子供らしい生活が出来るようになった祥太とは対象的に、虐待の続く家族のもとへ返されたりん。

アパートの廊下で一人遊ぶりんが何かを見つけたような表情で作品はしめくくられます。

個人的感想

オススメ度 :

信代を演じた安藤サクラさんが注目されていましたが、全てのキャストが主役と呼べるほどに深い役どころを演じています。

特に、あえて入れ歯を外して撮影に挑んだという樹木希林さんの放つ存在感は圧倒的でした。

この物語は、最後に加わったりんだけでなく、他5人にも一切の血縁関係が無かったという点が最大の核ではありますが、

それに加え、是枝監督が「10年分の問題意識をこの作品に全て打ち込んだ」日本のあらゆる社会問題がテーマになっていたことが世界的に評価された理由の1つだとも思います。

血の繋がりのない家族に絆はあったのか?

情があり憎みきれない部分を持ちながらも、罪を重ねながら暮らす初枝・信代・治がつくったこの疑似家族に共感できない人も多いはずで、この作品には賛否両論あるようですね。

偽りの家族に絆はあったのか?という点も考えさせられるところですが、私はあったと思います。だけど、いつまでも続かないという事は皆が分かっていたのではないでしょうか。

だからこそ、世間や家族に捨てられ孤独をかかえる偽りの家族が、本当の家族のように過ごした刹那的なひと夏が眩しすぎます。いつの日か、強くなった祥太がこの家族の道標となってほしいと思いました。

どうしても重ねてしまうあの作品

あの作品ほどの虚無感は感じませんが、底辺にいる弱者の現実が少年の成長とともに描かれている点や、作品を見た人に向けた監督からの強い問題提起は2004年の名作「誰も知らない」と重なるところでした。

誰も知らない」の柳楽優弥さんを彷彿とさせる、祥太役の城 桧吏さんの今後の活躍は期待です。

 

キャストの心情や、裏事情などをあえてはっきり描かれていない作品でありながら、是枝監督らしいまるでドキュメンタリーのような自然なカメラワークで、細部まで丁寧に丁寧に作り込まれているので、見返せば見返すほどに気づきがあり、いろんな角度から楽しめる作品だと思います。

COMMENTS

ご質問・感想などお気軽にどうぞ。
( は必須入力 / コメントは承認後に公開されます)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。