映画「彼女がその名を知らない鳥たち」を観た

「あなたはこれを愛と呼べるか?」

このいろいろな場面で使い古されたような感もあるキャッチコピーがこんなにしっくり来る作品もめずらしいかも知れへんなぁ・・・。と見終わった後からじわじわ思いふけった作品です。

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」をざっくり紹介


舞台は関西。15歳年上の男:陣治(阿部サダヲ)と同居する女:十和子(蒼井優)。

陣治の稼ぎだけを頼りに暮らしている十和子は、下品で取り柄のない陣治に嫌悪感を持ちながら、8年前に恋仲にあった理想の男: 黒崎(竹野内豊) との思い出に浸り、欲求不満で退屈な日々を送っています。

そんな暮らしを続ける中、十和子がクレームをつけたデパート社員のイケメン男: 水島(松坂桃李)に一目惚れし情事を重ねることに・・。

そのことを知った陣治の狂気的とも思える数々の行動に不信感を覚え、十和子はひどく反発します。

けれど、十和子への一方的な愛のように思えた陣治の行動には、十和子と陣治だけが知る「ある秘密」があったのです・・・・・というお話。

予告動画

ごく個人的な感想

オススメ度 :

イヤミスなのに心に深く残る作品。

  • 典型的なされ女: 十和子
  • 不潔で取り柄のない男: 陣治
  • イケメンだけどペラペラ男: 水島&黒崎

の4名が主な登場人物で、普段は綺麗な役どころが多い俳優陣なのに、

全員「クズ」の演技が最高にウマイです!

人間の嫌なところや露骨な性描写、暴力シーンも多く、物語の前半は見ている方は不快感MAXかと。

中でも、阿部サダヲさん演じる陣治は、監督から「より汚く演じてほしい」と要望されたとおりに、女から見て生理的に嫌だと毛嫌う綿密なあるあるネタが満載です。


ネタバレになるので深くは書けませんが、主人公の十和子と陣治のただの純愛ストーリーではないということだけは明言しておきます。

急展開する、物語の後半10%を見終わった後

「これを愛と呼べるのか?」

・・・と、きっと放心してしまいます。ちなみに私はいろいろ考えた末、愛の果ての、これ以上無い究極の独占行為やなと思いました。