『ペンション恋は桃色』を観た感想。

『ペンション恋は桃色』を観た感想。

ちょっと前だけど、この間終わったドラマの備忘録。

東京の片隅にある、父娘が営むラブホのような名前のペンション「恋は桃色」が舞台。出てくるシーンはこのペンションと老人ホームだけだったと思う。

アドリブっぽい出演者同士のごくごく自然な会話シーンが多めで、覗き見してる感覚がおもしろかった。

四重奏(カルテッド)がツボった

一応、リリー・フランキーさんと斎藤工さんのW主演ってなっているけど、私的にはこの4人の織りなす雰囲気が絶妙でツボりました。

①リリー・フランキーさん

女性と酒とタバコが好きで楽天家の父「シロウ」役。一見いい加減のカタマリのようなアラ還オヤジやけど、優しさと強さの権化のような人でもあったのが分かるのがこのドラマの大事なところ。

リリー・フランキーさんはもぅ何をやっても器用にこなすアーティスティフルさがずるすぎて、私は「好き」を前面に出しきれないんやけど・・

いやーこの役、今までの中で一番好きでした。

②斎藤工さん

無職になってペンションに住み込むことになったアラサー男「ヨシオ」役。タバコはアイコス派で酒は弱い。一見イケメンやのに、片寄った思考と空気が読めない性格でかなり面倒くさい男。

斎藤工さんも、監督・声優・小説・音楽と多彩な人ですよねー。背の高いイケメンは苦手部類なんだけど、お金になるならないの区別無くポリシー的なもので仕事を選んでいる感じで(ほんとはどうかは知らんけど)なんか高感度が高いです。

③伊藤沙莉さん

しっかりもので、頼り無い父と二人でペンションを切り盛りしているシロウの愛娘 「ハル」役。

脚が不自由なちょっと可哀想な設定(その理由は明かされてなかったと思う。)やけど、ヨシオを始め、数々の変な客、シロウの恋人などを常に明るく受け入れている懐の広い子。

スカッとジャパンでキレッキレヾ(`Д´*)ノの役を演じてた人ですよね⁉

失礼ながら美人すぎ無い童顔にハスキーな声の存在感がすごいし、双極性のある二人のオッサンをつなぐ役柄としてぴーったりでした。

④細野晴臣さん

老人ホームにいるシロウの父「キヨシ」役。なんと元Y.M.O.(→wiki)の細野晴臣さんですよー!かの名曲(ドラマタイトルにもなっている) 主題歌の「恋は桃色」もちっとも色褪せず良かった。

 

深夜帯の中でもマニアな作りなんで、テレ東と思っていたらまさかのフジテレビ(Tverで観てました。)


全5話しかなかったから余韻が残りまくり。短いから良かったっていうのもあるんだけど、続きがあったらやっぱり観たいなー!

\\  シェアする //

『ペンション恋は桃色』を観た感想。
『ペンション恋は桃色』を観た感想。

\ 同じカテゴリーの記事一覧/

ドラマレポ

をぜんぶ見る▶

💬この記事を書きました

background
れぽこ

サビ猫とめがね夫と大阪で賃貸暮らし☝毎晩のビールが至福の主婦。うちごはん,日常など・・・ゆるく好きに綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。