1653
ドラマW「殺人分析班」感想:石の繭・水晶の鼓動・蝶の力学

ドラマW「殺人分析班」感想:石の繭・水晶の鼓動・蝶の力学

ドラマW「殺人分析班シリーズ」の作品情報

公開:2015年・2016年・2019年 / 全5話・全5話・全6話 / ジャンル:国内ドラマWOWOW

原作 / あらすじ

原作は麻見和史。 如月塔子を主人公とした刑事小説『警視庁捜査一課十一係』シリーズ

[シリーズ 1 石の繭] 刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子(木村文乃)。ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見された。

犯人は一体何故こんな殺し方をしたのか?捜査会議が始まり、その最中に“トレミー”と名乗る犯人から捜査本部に電話が入り、塔子が交渉相手となる。

殺人に関するヒントを提示しながら警察を愚弄・挑発するトレミー。やがてトレミーから第二の犯行予告の電話が入る。

そして予告通り第二の犠牲者が出た。

被害者はまたもセメントで塗り固められていた。犯人の動機は?なぜセメントにこだわるのか?被害者に共通するものは?やがて捜査を進めるうち、犯人の本当の狙いが浮かび上がってくる…。

(C)2015 WOWOW /ドリマックス・テレビジョン

Amazon.co.jp: 石の繭 殺人分析班を観る | Prime Video

個人的感想・評価

評価 :

女性捜査官育成プログラムに選ばれた新米刑事の如月塔子(木村文乃)が、男性刑事たちに育てられながら、女性ならではの筋読みをいかして難事件(主に猟奇犯罪)を解決し刑事として成長していく話。

如月塔子びいき感すごい

紅一点の女性刑事ものは数多くあるけれど、この作品は(成績優秀のまだ)新米の若手刑事。

男どもに厳しく当たられるのかと思いきや、時代を反映してなのか?はわからないけど、ベテラン刑事たちが如月塔子にとても優しい。

木村文乃美人だけどきれいに見えない女優だと思うんだけど、個人的にはこの作品が一番良く撮ってもらえてると思った。(青木崇高もしかり)

3シリーズの成長物語

1作目『石の繭 殺人分析班』の猟奇殺人事件では、ある怨恨で犯人から標的にされ瀕死になりながらも犯人逮捕

2作目『水晶の鼓動 殺人分析班』は猟奇殺人と爆弾テロの複数犯だったと思うけど・・・

正直、現場に鷹野(青木崇高)と踏み込むシーンがパターン化されすぎててなんかダレてきた感。

ロングヘアをさらさらさせる刑事はどうかと思っていたら・・・

3作目『蝶の力学 殺人分析班』ではショートボブに変更しすっかり刑事らしく、ついでに妙に嫌なヤツに。

もう指揮官を任命されるまでになっていて、指導係の鷹野との別れ(異動)も描かれ成長物語が完結する。


 

犯人「トレミー」のスピンオフ作品も作られた、1作目『石の繭 殺人分析班』が一番面白かった。

以上!ドラマW「殺人分析班」感想:石の繭・水晶の鼓動・蝶の力学 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す