1584
映画「孤狼の血 LEVEL 2」感想:鈴木亮平のカリスマ性は必見

映画「孤狼の血 LEVEL 2」感想:鈴木亮平のカリスマ性は必見

映画「孤狼の血 LEVEL2」の作品情報

公開:2021年 / 139分 / ジャンル:邦画

原作 / あらすじ

柚月裕子の小説『孤狼の血』シリーズを原作とした映画化1作目の続編となるオリジナルストーリー

3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれ殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡(松坂桃李)。

しかし、刑務所から出所した“ある男”の登場によって、その危うい秩序が崩れていく…。

やくざの抗争、警察組織の闇、マスコミによるリーク、身内に迫る魔の手、そして圧倒的“悪魔”=上林(鈴木亮平)の存在によって、日岡は絶体絶命の窮地に追い込まれる…!

そんな極限状態の中で、日岡が知る衝撃の事実とは!? 信じられるのは誰か!?(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

Amazon.co.jp: 孤狼の血 LEVEL2を観る | Prime Video

予告動画

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 舞台は広島県警・伝説のマル暴刑事 大上章吾(役所広司)がこの世を去ってから3年後
  • 日岡(松坂桃李)は、大上の後を継ぎマル暴刑事として裏社会の秩序を保っていた
  • そんな時、日岡がかつて死に追いやった五十子会組長の腹心 :上林(鈴木亮平)が出所したことで状況は一変
  • 日岡は、情報役の通称チンタ(村上虹郎)をスパイとして上林の元へ送り込むが、事態は悪化し警察組織を巻き込んだ抗争に発展していく・・という話
オリジナル脚本が裏目・・

1作目が面白かったので絶対に見たかった続編

鈴木亮平村上虹郎がキャスティングされているとなればなおさら期待値が上がっていた

・・・のだけど、ベタベタな昭和ヤクザをテーマにしながらも、粗暴極まりない大上(役所広司)の人間性(懐の深さ)も描かれていた前作と比較すると

完全オリジナル脚本の2作目は、上林の狂気さが押し出され過ぎていて、日岡ストーリーとしては深みにかけた気がするので評価は低め

キャストの演技は一見の価値あり

前作ではインテリ監察官だった日岡(松坂桃李)の豹変具合にはいまひとつ無理があったけれど

どんどんいい役者になっている村上虹郎が演じたチンタには愛着を持てたし

何と言っても、この作品の主役と言っても過言ではないサイコパスヤクザ 上林役の鈴木亮平のなり切り具合はすごかった

鈴木亮平という俳優はホント、どんな役でも決して守りに入らないポテンシャルの高い役者だと思う

前半ではイカれた狂気さをこれでもかと見せながら、

後半では在日韓国人で自分と境遇の似たチンタ(村上虹郎)を殺す際に見せる表情や、日岡が持つ銃を自らの頭に突きつけるシーンなど

悲しき剛拳 ラオウに通じるほどのカリスマ性だった


結局、日岡は大上には追いつけなかった訳だけど、最後の雪山での大上の象徴的な狼出現シーンは続編の予兆なのかなぁ?

以上!映画「孤狼の血 LEVEL 2」感想:鈴木亮平のカリスマ性は必見 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す