3229
映画「清須会議」感想:人間ぽさが良い。血の出ない跡目争い

映画「清須会議」感想:人間ぽさが良い。血の出ない跡目争い

映画「清須会議」の作品情報

放映:2022年 / 138分 / ジャンル: 邦画

原作 / あらすじ

原作は監督・脚本の三谷幸喜。1582年の信長跡目に伴う評定会議(清須会議)をテーマにした同名小説『清須会議』(2012) 三谷幸喜17年ぶりの書き下ろし小説。

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉(大泉洋)。

勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男でおおうつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。そして、開かれる清須会議――。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして、強い方に付こうとする池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う!勝家派か?秀吉派か!?(C)2013フジテレビ 東宝

Amazon.co.jp: 清須会議を観る | Prime Video

予告動画

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 本能寺の変にて大いなる武将 信長亡き後、その跡継ぎと莫大な領地分配を評定するため日本の歴史上では初めての「会議」が清須で行われることとなった。
  • 織田家の繁栄を第一に考える筆頭宿老 柴田勝家(役所広司)・丹羽長秀(小日向文世)達と、虎視眈々と天下を狙う末席宿老の羽柴秀吉(大泉洋)はそれぞれが推す後継者で対立する事となる。
  • 老若の宿老だけでなく、清須会議を取り巻く武将たち、織田家の女たち(お市の方・寧・松姫)など、様々な人物の欲と思惑が入り乱れる…

歴史の名に残る策士: 秀吉側の視点だけでなく、秀吉と対立することとなった宿老: 柴田側の視点からも描いた時代エンターテイメント。

三谷幸喜らしく、ユーモアを交えた現代語劇なので歴史物が苦手でも全く抵抗なく見れるエンタメ作品。

歴史作品というのは誰を主役にするかで見え方が全然違ってくるのがいいなと思う。昨年放送された「どうする家康」では、家康主役なのであたりまえだけれどさらっと描かれた清須会議の様子が5日間日を追ってじっくり描かれる。

信長の跡目会議…すなわち現代で言えば大会社の相続会議のようなものだと思うけれど、そこにはいろんな立場の人間の欲と恨みも関わり合って一筋縄では行かないわけで…

あの戦国時代の真っ只中で血が出ないのに熾烈な争い。現代に通じる人間っぽさが垣間見えて面白い。

まず冒頭から明智光秀のでか頭に、秀吉(大泉洋)の微妙に目を引く猿耳・絶世の美女:お市の方(鈴木京香)の眉なしお歯黒姿などなど…キャストの見た目で掴まれる。

中谷美紀の意外な田舎妻役: 寧や、佐藤浩市妻夫木聡をアホとして登場させたり、あの天海祐希をあんなちょい役で!…と王道のキャスティングから少し外しているところも笑いを誘うポイント。

138分と長めだけれど、一見地味になりそうな会議シーンだけでなく、なぜか武将たちのビーチフラッグ大会(旗取り合戦)シーンが挟まれたり、有名な俳優があちらこちらで出てくるのでとにかく豪華だし飽きずに見れる。

終始ではコメディキャラに振り切っていた役所広司のラストシーンでの、見たものをブルッとさせるほどの貫禄はお見事。


「年上の女房は年下のように、年下の女房は年上のように扱う それが円満の秘訣だ」と言う丹波(小日向文世)セリフは名言だった。

以上!映画「清須会議」感想:人間ぽさが良い。血の出ない跡目争い でしたー (*Ü*)ノ

映画評論・レビューランキング にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す