1563
映画「新聞記者」感想:あくまでもフィクション‥なのか⁉

映画「新聞記者」感想:あくまでもフィクション‥なのか⁉

映画「新聞記者」の作品情報

公開:2019年 / 113分 / ジャンル:邦画

原作 / あらすじ

東京新聞の現役記者:望月衣塑子の同名著作を原案にした若手新聞記者と若手エリート官僚の対峙や葛藤を描いた社会派サスペンスフィクションの実写映画化作品

東都新聞記者・吉岡は、送り主不明の「医療系大学の新設」に関する極秘文書を元に、許認可先の内閣府を洗い始める。

ほどなく神崎というキーパーソンに行き当たるが、神崎は投身自殺を遂げてしまう。

一方、内閣情報調査室(内調)に勤める杉原は政権を守るための情報操作やマスコミ工作に明け暮れていた。

しかし、外務省時代の尊敬する上司・神崎の死を通じて、官邸が強引に進める驚愕の計画を知ることになる。

それぞれの全人生を賭けた、二人の選択とは!?(C) 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

Amazon.co.jp: 新聞記者を観る | Prime Video

予告動画

 

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 官僚へも鋭い質問をし異端視扱いされている社会部の若手女性記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)はジャーナリストだった父親が誤報のために自殺した過去を持っていた
  • 国家に不都合な情報をコントロールする立場にある内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海( 松坂桃李)は、元上司(高橋和也)の自殺に疑問を持っていた
  • そんな二人がある大学新設計画に関する調査を機に接触し、本来なら対峙し合う立場にありながらも国家の闇に迫ろうとするが…という話
あくまでもフィクション‥であるこの作品

原作著者が現役の新聞記者であることを考えると全くの創作話と考えるほうがムリがあると言える

「ノンフィクションです!」と看板をつけなければ世間に出すことは出来なかったのでは?と勘ぐってしまうほどの(政治に関心の薄い私にとっては)衝撃の内容の連続

『多数が信じている常識を疑え』と突きつけられたようだった

よくこの作品を公開にこぎ着けたな

国家の闇に迫る反政府的テーマだけに、制作陣も演者も相応の覚悟がいったのでは無いかと思う

女性記者役に関しては、日本人女優は誰もオファーを受けず、しがらみのない韓国出身のシム・ウンギョンが選ばれたと報じらたらしいけれどこれが正解

おぼつかない日本語をカバーするために設定を帰国子女に変更していたことを差し置いても、中途半端に綺麗どころの日本人女優を使うよりもよっぽどストーリーの重厚感が出たと思う

少なくとも、この役がハマる日本の女優が私には浮かばない

ここからはネタバレになるけれど

エリート官僚達がSNSをフルに使って国民の情報操作をする様は滑稽だし、

多額の税金が注ぎ込まれる大学設立の真の目的が軍事技術の開発だったなんてありえないと感じるけれど妙にリアルなのが恐ろしい

もやもやラストではあるけれど、国家の闇暴いてやったぞ バンザーイとならないところでプツッと終焉したところが、余計にリアルさを強く感じたし

ラストシーンの憔悴しきった 松坂桃李パキパキに乾いた唇絶望感MAX だった

以上!映画「新聞記者」感想:あくまでもフィクション‥なのか⁉ でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す