1888
ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」感想:ムショカツの行く末は!?

ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」感想:ムショカツの行く末は!?

ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」の作品情報

公開:2021年 / 全5話 / ジャンル:国内ドラマ

原作 / あらすじ

NHK総合の「土曜ドラマ」で放送。原作は孤独な老女がムショ活に奔走する原田ひ香による『一橋桐子 (76) の犯罪日記』日本の長編小説

主人公・一橋桐子(松坂慶子)は、哀しみの淵に沈んでいた。

年金とパートの収入で暮らしも楽ではない中、唯一の希望であった親友が病で亡くなり、毎日が突然、空虚な日々となったのだ。

このままだと自分は孤独死してしまうのでは――生きていくことの困難さが、桐子の心を絞り上げていく。

そんな時、テレビで見たある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、終の住みかを“刑務所”に設定。「できるだけ人に迷惑をかけずに捕まる道」を模索し始める――。

Amazon.co.jp: 一橋桐子の犯罪日記(NHKオンデマンド)を観る | Prime Video

個人的感想・評価

評価 :

ざっくりこんな話
  • 独身76歳の一橋桐子( 松坂慶子)は、初めて出来た親友 宮崎知子(由紀さおり)との質素ながら楽しい共同生活に幸せを感じていた
  • ところが、たった3年ほどで知子は病死していしまい桐子はまた一人ぼっちになってしまう
  • 孤独死に不安を覚える桐子は、高齢受刑者が刑務所で介護されている姿を見て「長く刑務所に入っていられる犯罪」を探究するムショ活をスタートする・・という話

独居老人の孤独死というのは現実的なテーマながらも

『人に迷惑をかけない(けれど重い)犯罪で捕まって、死ぬまで刑務所で(楽しく)過ごしたい』

と老女が本気で考える風変わりなとんでもストーリー

終活ならぬムショ(務所)活

警察とは無縁の人生を送ってきたであろう老女が、初めて犯した犯罪は親友の好物だったいちご大福の万引きである(当然、万引きGメンにすぐ捕まる)

けれど、その後もムショ活を諦めない桐子は、「偽札」「闇金」「結婚詐欺」「誘拐」と凶悪犯罪にチャレンジするが、案の定どれもこれも上手くいかないのが面白い

そのうえ、桐子の人柄ゆえに、ムショ活を応援する仲間(長澤樹岩田剛典宇崎竜童)まで出来てしまう

見ている方も、(さすがに、目指せ刑務所!とまではいかないまでも)老後のおかしな夢に向かって七転八倒する憎めない老女 桐子を応援したくなる

松坂慶子の思い切った演技が◎

犯罪を犯そうとする老女という設定にもなぜか好感が持ててしまうのは、桐子を演じた 松坂慶子の魅力が大きいと思う

実年齢は桐子よりもう少し若いとは言え、歳を重ねても十分麗しく決して老女とは言い難い 松坂慶子が、シルバーヘアーの垢抜けしない老女になりきっているのだけれど

普段のふんわり&おっとりした喋り方も相まって桐子がめっちゃキュートに見えてくる

『らんまん』の大女将役とはぜんぜん違うよスゴイね

ショッキングなタイトルとは裏腹に

タイトルの「犯罪日記」からイメージする内容とは全く違う、ほのぼの老後青春成長(⁉)物語

序盤ではコメディ一辺倒とか思わせておきながら、意思も気も弱く、孤独だった桐子が、

(ムショカツの末とは言え)いろんな友人が増え、中盤からは泣けるシーンもあり、強くなっていくヒューマンドラマ的な要素も加わってくる

最後は、こうあって欲しいなと思う通りの暖かい結末なので安心して見れる良い話だった

以上!ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」感想:ムショカツの行く末は!? でしたー (*Ü*)ノ

映画評論・レビューランキング にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す