映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー

映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー

2017年公開「不能犯」のあらすじ・キャスト・予告動画の紹介と個人的感想です。(監督:白石晃士/出演:松坂桃李・沢尻エリカ・間宮祥太朗・安田顕・矢田亜希子ほか)

※この記事は作品のネタバレを含みます

映画「不能犯」について

映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー

あらすじ

不能犯映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビューは「殺害依頼と理由を書いた手紙を、ある電話ボックスに貼ると必ず死に追いやってくれる」謎の殺害請負人 宇相吹(うそぶき)の起こす事件と、それを追う刑事のスリラーエンターテイメント。

「相手を見つめるだけで一切を手を汚すこと無く実行される」数々の死亡事件は、現在の法律では立証不可能なため、宇相吹は<不能犯>と呼ばれている・・・

監督・脚本・公開年データ

監督・脚本白石晃士
原作宮月新:原作 / 画: 神崎裕也
公開2017年

主要キャスト紹介

宇相吹正(主人公 謎の殺し屋)松坂桃李
多田友子(宇相吹を追う刑事)沢尻エリカ
百々瀬麻雄(多田の部下)新田真剣佑
川端タケル(多田が更生させた少年)間宮祥太朗
夜目美冬(多田の同僚刑事)矢田亜希子
河津村宏(鑑識官)安田顕

映画「不能犯」予告動画

映画「不能犯」のレビュー・紹介

ホラー作品の鬼才監督が実写化

集英社グランドジャンプで連載中の人気コミック「不能犯映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー」(宮月新:原作 / 画: 神崎裕也)の映画化作品。

貞子vs伽椰子」「コワすぎ!史上最恐の劇場版映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー」「カルト」など、ホラー作品で定評のある白石晃士が監督を努めています。

死亡シーンなどで白石監督お得意のちょっと怖めの演出があるのでPG-12指定(ホラー)されています。

最初から最後まで死亡者続出

原作の1~3巻で描かれた殺人依頼エピソードをつなげたオムニバスストーリーになっています。

  • ターゲット1 : 木島功
  • 依頼人 : 後半で判明

借金返済で恫喝する金融会社社長が、何者かの依頼によって喫茶店で死亡

  • ターゲット2 : 鳥森広志
  • 依頼人:羽根田健

異常な行動を重ねる町内会会長の鳥森に脅された近隣住民 羽根田の依頼によって公園で死亡

  • ターゲット3 : 夜目美冬
  • 依頼人:河津村宏

宇相吹の取り調べを担当したベテラン刑事夜目が、息子の冤罪で恨みを持っていた鑑識官河津の依頼によって、自宅浴室で自殺

  • ターゲット4 : 夢原理沙の婚約者
  • 依頼人:木村優

両親の離婚によって別々に育った姉妹(理沙と優)。自分とは違い幸せに育った姉に嫉妬した妹が、理沙が婚約者を殺害するよう依頼された結果、理沙自身も自殺


映画後半では、別事件と思われていた連続爆破事件と宇相吹の関係する事件が繋がって行き、この他にも死亡者が続出。(有名な俳優陣が序盤からどんどん死んでしまいます。)

依頼された人も、依頼者も死ぬ

殺人依頼を完璧に実行する宇相吹ですが、殺人実行の後に依頼者・被害者両方の闇(本音・裏の顔)が露出します。

決め台詞「愚かだねえ、人間は」と言う宇相吹はいったい何者なのか?悪魔なのか神なのか・・・?

まさに「人を呪わば穴2つ」のことわざ通り、殺意が純粋でない依頼者も制裁が下されたかのように、だいたい死んでしまいます。

このあたり、かの名作「笑ゥせぇるすまん映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー」の喪黒福造っぽいです。

個人的な感想

ドラマの方が面白く見れそう
2.5

全体的に中途半端な印象を受けたので評価低めです。


いったい何ジャンルなの ?

原作を知らずに映画を観たのですが、ジャケ写の松坂桃李さんがメンタリストのDaiGoさんっぽいので、心理犯罪もの?と思っていました。

  • 前半は、ホラー映画やったんか?と思い・・・
  • 中盤では、喪黒福造か?に変わり・・・
  • 後半は、羊たちの沈黙系っぽいサスペンス?

とあっち揺れこっち揺れ・・・なんか中途半端なのです。もういっそのこと監督色を利かせた完全ホラーにした方が良かったんじゃないかと感じます。

なんかぺらい

宇相吹の暗示をかける時のスイッチの(ような?)赤目演出が、少々チープです。(何度も出ます。)

また、多田刑事を女性に変更したようですが(原作では男性刑事)、沢尻エリカさんがミスキャストに感じました。なんだろう、キレイに撮り過ぎと言うか・・・女性感が前面に出すぎていたように感じました。

この作品では、上司にしたい系女優さんの方が「闇感」が出たように思います。

人物描写が足りない

男が殺害される(というか死亡する)シーンから始まるので、宇相吹の「能力」はもうこの段階で種明かしされることになります。

こんな殺害方法が実際に可能かどうかはさておき・・・このことからも「不能犯映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー」は宇相吹の能力や警察との対決が主題ではなく、人間の弱さや闇を描いているものだと感じましたが、肝心の人物描写が急ぎ足過ぎて不完全に感じました。

これは漫画の実写化にありがちな、いろんなエピソードを頑張って2時間に詰め込んだせいでもあるように感じたので、1話ごとに掘り込んだ脚本のドラマ版↓の方が楽しめるのかなと思います↓


・・・といろいろ書きましたが、間宮祥太朗さんの壊れっぷりは気持ちよかったし、松坂桃李さんの演じる宇相吹はかなり原作に寄せられているのでとてもハマっていました。

松坂桃李さんは、名前変わってるなー。(あれこれ事件で最近めっきり見ないけど)小出恵介さんと似てるなー。くらいのイメージでしたが、娼夫役を演じた娼年映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビューあたりから気になる俳優さんです。

こんな人におすすめ
  • 原作を見てない人
  • 松坂桃李さんのファン
  • 沢尻エリカさんのファン

最後までご覧いただきありがとうございました。

\\  シェアする //

映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー
映画「不能犯」*あらすじ紹介&感想レビュー

FOLLOW ME

*更新情報を配信しています*

💬この記事を書きました

background

アラフォー主婦れぽこです☝ 「モノ・コト・暮らし」の気になる話題や情報を主婦目線でレポートしています! 夫とサビ猫と大阪ぐらし。もっと見る

ポチッとしていただけたら励みになりますヽ(*´∀`*)ノ

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ