1975
映画「クリーピー偽りの隣人」感想:不気味で狂った世界感。

映画「クリーピー偽りの隣人」感想:不気味で狂った世界感。

映画「クリーピー 偽りの隣人」の作品情報

クリーピー 偽りの隣人

公開:2016年 / 130分 / ジャンル:邦画

あらすじ

犯罪心理学者の高倉は、刑事・野上から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。

しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が愛する妻・康子と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。

病弱な妻と中学生の娘・澪をもつ主人・西野との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。

そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。

2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に深い闇が迫っていた・・・(C)2016「クリーピー」製作委員会

Amazon.co.jp: クリーピー 偽りの隣人を観る | Prime Video

予告動画

映画「クリーピー 偽りの隣人」を観た感想レビュー

評価 :

高倉(西島秀俊)が未解決の一家失踪事件の調査にのめり込んでいくのと同時に、隣家の主人 西野(香川照之)の不可解な言動に妻(竹内結子)ともに翻弄されていく話。

黒幕は西野と言うのは分かっているわけで、犯人探しのミステリーではなく西野の全容にせまっていくサスペンスになっている。

贖罪を超えるキモい香川照之

ストロベリーナイトMOZUの再共演と思って期待して見ると面喰らう作品。それくらい西野を演じた香川照之は怪演だった。

おそらく実際にあった凶悪事件北九州監禁殺人事件をモチーフにしていると思う。

あの事件自体が人間の所業と思えないほど胸糞悪いので、この作品もとにかく西野が不気味で気持ち悪いだけの話で私は好きではない作品。オチもかなり後味が悪い。

本筋とはずれるけど、この時期の竹内結子さんは「役に引っ張られちゃったんじゃないか…」と心配になるような重苦しすぎる役が多かったなぁ。

は?この作品何なん?と思ったけれど…

「刑事のくせに簡単にやられすぎやろ」とかツッコミどころは多いし、「妻はいつ洗脳された?」「民家にあの地下室は何?」などの疑問があちらこちらで未解決。

1番の謎は、あの謎の薬はなんなんやー!
(追記:あれは、アナフィラキシーショックの際に使う自己注射器らしいという説もあり。)

でも、もとよりサイコパスホラー。この作品で一貫してる狂った世界観はずっしりと印象に残ったということで監督の思惑通りかと。

 

⚠脚本の段階で脚色されたのか・・・原作は好評みたい。

 

以上!映画「クリーピー偽りの隣人」感想:不気味で狂った世界感。 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す