1569
映画「来る」感想:かつて無いど派手な「あれ」祓いの儀式。

映画「来る」感想:かつて無いど派手な「あれ」祓いの儀式。

映画「来る」の作品情報

公開:2018年 / 134分 / ジャンル:邦画

原作 / あらすじ

原作は澤村伊智によるホラー小説 「比嘉姉妹」シリーズの第一作目ぼぎわんが、来る

オカルトライター・野崎(岡田准一)のもとに相談者・田原(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。

田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。

野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。

民俗学者・津田によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。

そして記憶を辿る田原…。幼き日、「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。

その声の主とは…。エスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。

真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた…!(C)2018「来る」製作委員会

Amazon.co.jp: 来るを観る | Prime Video

予告動画

 

個人的感想・評価

評価 :

説明の付かない心霊現象に悩まされている田原(妻夫木聡)から相談を受けた、ライターの野崎(岡田准一)と霊媒師の血を引く真琴(小松菜奈)。

SNSでイクメンな幸せぶりを投稿している田原の家庭は実は崩壊しており、心霊現象の原因にも心当たりがあった。

田原家に憑いている何か「=あれ」は恐ろしく強力で、真琴には到底太刀打ちできない。そこで真琴の姉で日本最強の霊媒師 琴子(松たか子)が登場。

日本中から霊媒師を集結し、かつてない悪霊祓いに乗り出す・・という話。

「あれ」としか呼ばれない何か

「あれ」と呼ばれる何か(つまり悪霊)は、最期まで姿・形を見せることなく、何だったのかも明かされない。これは原作どおりで、得体の知れない何かであるほどに不気味で怖いと言う作者の意図らしい。

その他の部分では中島哲也監督のオリジナル脚色がかなり施されているみたい。視聴後は、「琴子どうなったんやっ?」と調べたくなること必須。

シニア霊媒師たちがめちゃめちゃかっこいい

名のある男性俳優陣の扱いが少々雑なのに対して、(松たか子)や(小松菜奈)のコスプレ的な個性的すぎるキャラも一目をおいたけれど・・

何より柴田理恵演じる霊媒師はかっこよすぎた。

終盤で出てくる有力な霊媒師とされるツワモノたちがお爺ちゃんお婆ちゃんっていうのも面白かった。

オカルト・ホラーではあるけれど

ホラー映画としてだけでは括りきれない作品。

  1. 幸せそうに見えている人間の裏の顔や嫌な心理描写が結構丁寧に描かれている前半。
  2. 「あれ」が暴走してスプラッタ的ホラーシーンが倍増、死亡者続出する中盤。
  3. これまで声だけだったラスボス霊媒師 琴子が登場。かつて無い払い儀式のド派手なエンタメ演出になる終盤。

登場人物多めで派手な演出は告白渇き。同様で、正直・・ストーリーよりもそっち(この作品ではど派手な払いの儀式)が印象に残ってしまったので^^; 評価としては低め。

 

以上!映画「来る」感想:かつて無いど派手な「あれ」祓いの儀式。 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す