猫を飼う費用は?初めて猫を飼ったわが家の場合

猫を飼うとかかるお金。猫を「飼う前・飼い始め」に、実際に初めて猫を飼ったわが家の支出をまとめました。


猫の飼い始め頃にかかった費用

わが家は、生後3カ月ごろに保護猫カフェからお迎えしたサビ猫1匹と暮らしています。

サビ猫 てっちゃん

ふたり暮らし夫婦で、猫を迎えるのは初めてでした。

猫の飼育グッズ

最低限、トイレと餌があれば猫を飼うことはできますが、

猫ケージの中にシステムトイレ

初めての子猫に喜び勇んで、爪とぎ・ケージ・キャリー・ブラシ・爪切り・歯磨きジェルなど、一通りの猫の飼育グッズを買い揃えました。

猫の飼育グッズ費用
猫ケージ18,000円
システムトイレセット2,500円
ブラシ・爪切り・餌皿1,800円
ペットキャリー1,980円
首輪・おもちゃなど2,000円
※猫テリア用品7,800円
合計34,080円

※猫テリア用品 ・・・ キャットウォークの取り付け、猫ケージのカスタマイズ、ケーブルカバーや脱走防止用ネットなどです。

決して広くない賃貸暮らしですが、猫のお部屋になるケージは奮発してプラ製の2段ケージを買っちゃいました。



混合ワクチン接種

子猫の場合は、生後9週~1回目・そこから3~4週後に2回目、さらに生後90日までの間に合計3回のワクチン接種を行います。

保護猫団体で寄生虫・感染病の検査と、2回目までのワクチン接種を済ませてくれていたので、引き取ってから3回目のワクチン接種を受けさせました。

3種混合ワクチン費用
ワクチン接種費用 (1回)5,400円
室内飼いなら3種混合ワクチンで大丈夫ですが、外へ出して飼う場合は5種混合ワクチンが必要です。

去勢・避妊手術費用

去勢・避妊は

  • かわいそうな子猫を増やさないため
  • 猫の病気を予防するため

に医師からも推奨されています。(保護猫の譲渡条件でもありました。)

うちでは生後6カ月になった時期に避妊手術を受けさせました。

避妊手術後、簡易の術後服を着ています
去勢・避妊手術費用費用
避妊手術(日帰り)28,620円

入院の有無、避妊(メス)か去勢(オス)かによっても費用は変わりますが、避妊は開腹手術になるので費用が高くなります。

こちらの記事で、避妊手術から抜糸までの経過を記録しています。

譲渡費用

譲渡元の保護猫カフェさんに譲渡費用をお支払いしました。

譲渡費用の相場は、1~3万円くらいで、保護中にかかった医療費(治療・ワクチン・去勢避妊手術)をお支払いすることもあるようです。

里猫譲渡元へ費用
猫カフェ利用料2,000円
譲渡費用10,000円
※お礼として6,000円
合計18,000円

※お礼として・・・譲渡費用は1万円と申し訳ないほどお安い金額でしたので、心ばかりのお礼(支援フードなど)をさせてもらいました。


というわけで、わが家の場合

猫の飼い始め頃にかかった費用
  • 猫の飼育グッズ ・・・ 34,080円
  • 医療費(ワクチン・避妊手術)・・・34,020円
  • 譲渡費用込み ・・・ 18,000円
合計で86,100円でした。

内訳の中では猫ケージと避妊手術費用がかさんでいましたが、尊い命を預かる費用と考えればちっとも惜しくありません!

毎月かかる飼育費用は意外とお安めです↓