電卓の[M+][M-][MR]使い方を説明。知ってると便利!

電卓の[M+][M-][MR]使い方を説明。知ってると便利!

電卓についている[M+][M-]ボタンって何か知ってますか?覚えておくと計算が捗る便利機能[M+][M-]の使い方、3種のクリアキーの違いをレポート。

リアル電卓やスマホアプリの電卓に端の方についているボタン『M+』と『M-』。見たことはあるけど使ったことがないという人でも覚えておくと

計算がはかどる便利なメモリー機能なんです。

『M+』は加算

『M+』 メモリープラス の略です。

  • メモリーされた値のみを加算する

『M-』 は減算

『M+』とは逆のメモリーマイナスの略です。

  • メモリーされた値のみを減算する

『MR』は合計

『M+』『Mー』ボタンでメモリーされた値の計算結果を表示するボタンです。

  • メモリーされた値の減算結果を表示

このように使います

複数の計算式の小計をメモリーする時に利用します。

  1. 1000 x 5『M+』 (=5000がメモリーに加算)
  2. 100 x 3 『M+』(=300がメモリーに加算 )
  3. 100 x 10『Mー』 (=1000がメモリーから減算)
  4. 最後に『MR』

メモリーされたそれぞれの値の加減結果 (5000 + 300 -1000 = 4300) を計算することができます。

正しい四則演算の順序に合わせるため

四則演算では乗算除算が先ですが、電卓で入力すると誤った計になってしまいます。

電卓の[M+][M-][MR]使い方を説明。知ってると便利!
入力順に計算してしまう

正しい計を出すために、『M+』で小計をメモリーしながら計算します。

電卓の[M+][M-][MR]使い方を説明。知ってると便利!
2×5『M+』1×5『M+』『MR』

 

3種類のクリア『MC』『AC』『C』

  • メモリーの値も全部消したい時は『MC』 (メモリークリア)
    ※カシオでは[CA]
  • メモリーの値以外を消したい時は『AC』 (オールクリア)
    ※カシオでは[C]
  • 直前の値だけ消したい時は『C』 (クリア)
    ※カシオでは[CE]

 

例えば、スーパーの買物中にスマホの電卓を使っていて、

直前の入力ミスったーっ?

という時に、『C』はここまでのは入力内容はそのままに、直前の入力だけクリアできたります。

おすすめ電卓


最後におすすめのスマホ電卓アプリのご紹介。

少し昔は税込表示が義務化されていましたが、今は税込表示だったり税抜き表示だったり、お店によってバラバラですよねー。そういう時、

税込み価格がボタン1つで表示できる電卓が便利です。
電卓の[M+][M-][MR]使い方を説明。知ってると便利!
strCalc(電卓)

カスタマイズ性が高いのに、広告無し無料アプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。