1757
映画「孤狼の血」感想:どっちがヤクザ?な凶暴すぎる刑事録

映画「孤狼の血」感想:どっちがヤクザ?な凶暴すぎる刑事録

映画「孤狼の血」の作品情報

公開:2018年 / 126分 / ジャンル:邦画

あらすじ

柚月裕子による長編警察小説シリーズ全3作の一作目。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。

所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。

常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

Amazon.co.jp: 孤狼の血を観る | Prime Video

予告動画

評価・感想・レビュー

評価 :

まだヤクザがわしはヤクザじゃぁ!と堂々と巷にはびこっていた昭和終盤の広島

マル暴の刑事 大上章吾(役所広司)と組んで捜査にあたる若手刑事の日岡秀一(松坂桃李)。

日岡は暴力団との癒着が疑われる大上の内定の為に密かに配属された県警のエリート刑事だったけど、

ヤクザ相手に違法な強行捜査を進める大上に振り回されながらもだんだん影響されていき・・・という話。

ヤクザモノとおもったら過激刑事が主役

白石和彌の演出によって過激さが増大していると思うけど、見終わった後で、女性が原作者(柚月裕子)と知って驚いた。

仁義なき戦いやアウトレイジを彷彿とさせるS級ヤクザがぞろぞろ出てくるし、拷問・殺害手法もかなり悪趣味なので見る人は選ぶと思う。

ハンニバルに続く豚トラウマになるの間違いなし。

豪華絢爛なアウトローが見もの

ヤクザ陣はこの人にやらせたら間違いないやろと想像できる豪華役者が勢ぞろい。この男衆で紅一点を演じさせるなら真木よう子しかいないかも。

冒頭から 駿河太郎の酷すぎる扱いや、清廉な役柄が多い中村倫也のシャブ中イカれヤクザもレアキャラかと。

主役が移っていくのね

どっちがヤクザか分からんくらい凶暴な大上にドはまりで振り幅広い役所広司。 取調室が無法地帯。

大上いいヤツやんって思い出した時にまさかの没。後半は大上から日岡に主役が移っていくのが面白い。

大上の大義を知って覚醒していく松坂桃李も巧かった。続編が見たい。

以上!映画「孤狼の血」感想:どっちがヤクザ?な凶暴すぎる刑事録 でしたー (*Ü*)ノ

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

\ この作品をオンデマンドで見る /
見放題作品数NO.1!
月額2189円
毎月1200pt
31日間無料
PRIMEVIDEO
プライム会員なら見放題!
月額500円
30日間無料
ダントツの安さ!
月額550円
31日間無料
AbemaTV 無料体験
限定作品多数!
月額960円
2週間無料
background☝ぐりこ

サビ猫1匹と2人暮らし。おこもり日常をゆるく綴る人畜無害なブログです。

follow us in feedly トピレポ|TOPIREPO - にほんブログ村

このカテゴリの人気記事

COMMENTS

コメントの公開は管理者の承認制です (は空白不可)

コメントを残す